東京藝術大学 美術学部 デザイン科 Tokyo University of The Arts, Department of DESIGN

東京藝術大学Website日本語English

教員インタビュー

Interview : 1st Studio / Design Civics


第1研究室 / Sputniko!准教授

第1研究室 准教授 Sputniko! / Photo: Mami Arai

1985年生まれ、東京都出身。本名は尾崎マリサ。父は日本人、母はイギリス人。ロンドン大学インペリアル・カレッジ(現インペリアル・カレッジ・ロンドン)で数学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業してプログラマー、ミュージシャンとして活動した後、英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アートで修士課程を修了。アーティストとして、テクノロジーによって変化する人間や社会をテーマとした映像インスタレーション作品などを制作。2013〜2017年、マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ助教としてDesign Fiction研究室を主宰。2017~2019年、東京大学生産技術研究所特任准教授。2019年4月より現職。著書に『はみだす力』など。


―デザインとは?

デザインはとても広い意味をもつものですが、私の研究室名にあるDesign Civicsの「civic」はラテン語の「cīvicus」に由来していて、「社会」「都市」「文明」といった意味があります。この研究室では、物事の観察の仕方や思考の仕方、プロトタイプのつくり方も然ることながら、未来の社会の在り方や人類、地球の在り方といったスケールまで拡張してデザインを考えています。

例えばFacebookは、元はただ友達同士が繋がれるインターフェイスに過ぎませんでしたが、それが広まることによって、今や地球全体のコミュニケーションのインフラになっている。Facebookのインターフェイスデザインが人のコミュニケーションの仕方や情報の見方、ものの考え方にも影響し、さらにはアメリカやイギリスの選挙結果、政治の在り方にまで大きなインパクトを与えている。そう考えるとデザインのできることってすごく大きい。デザイナーは、自分のデザインが社会にもたらす影響まで考えるべきですよね。

今私が特に大事だと思っているトピックは、テクノロジーのデザインと差別の関係性です。AIやバイオ、フィンテック(金融テクノロジー)などさまざまなテクノロジーがあって、今後それに応じてさまざまなプログラムやインターフェイスなどのデザインが生まれてくると思います。しかし現状は、そういったテクノロジーに関わる人が、例えば日本では日本人男性中心、アメリカでは白人男性中心で、必ずしもみんなにとってフェアにデザインされていない。女性やマイノリティのニーズが見過ごされてしまうことがあるわけです。

最近タクシーに乗ると目の前にデジタルサイネージがあって、そこについているカメラでAIによって性別や年令が判断され、それに合うとされた広告が流れますが、これってステレオタイピングですよね。私は子供のころに他人から「女の子だからバービー人形が好きでしょ」「女の子だから数学が苦手なんでしょ」のように言われて嫌な思いをした事がありましたが、今度はAIから言われるようになった。これから生まれてくる女の子たちは街中に増えたAIから今以上にその不快なステレオタイピングを浴びせられるかもしれない。それはAIやデバイスのシステムをデザインする人にかかっていると思います。

女装した男性が機械を使って生理の痛みを体験する《生理マシーン、タカシの場合。》(2010年) / Photo: Rai Royal

女装した男性が機械を使って生理の痛みを体験する《生理マシーン、タカシの場合。》(2010年)。映像はこちら。© Sputniko! / Photo: Rai Royal

―個人の活動として何をしてきましたか。

中学校時代からプログラミングを始めて、大学では数学とコンピューターサイエンスを学びながら作詞作曲の授業も受け、卒業後はプログラマーをしながら音楽活動もしていました。アートと音楽が大好きで。英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アートでスペキュラティブ・デザイン(問題提起するデザイン)を学び、2010年に卒業制作として発表した《生理マシーン、タカシの場合。》《カラスボット☆ジェニー》《寿司ボーグ☆ユカリ》で世間に注目されましたね。

基本的にはSputniko!というペルソナで、問題提起したいテーマにまつわるデバイスをつくり、物語をつくり、音楽をつくり、映像をつくり、YouTubeに載せるというスタイルです。ソーシャルメディアで作品の拡散をしたり人を募ったりして。放射性物質を吸収する菜の花の種がハイヒールの先端から地中に植えられる「Nanohana Heels」で福島を歩く《Healing Fukushima(菜の花ヒール)》(2012年)、ハイヒールを搭載した月面探査機で月に人類初の女性の足跡を残す《ムーンウォーク☆マシン、セレナの一歩》(2013年)、瀬戸内海の豊島に伝わる神話をもとに蚕の遺伝子組み換えによる赤い糸で好きな相手を恋に落とそうとする《運命の赤い糸をつむぐ蚕‐たまきの恋》(2016年)もそうです。

最近のプロジェクトとしては、女子受験者の得点を一律減点していた医科大学の事件が報じられたことをきっかけに「東京減点女子医大」というアートプロジェクトを進めています。女子学生たちが架空の手術支援ロボットを使って一般男性を改造し、日本の医療界が求めるエリート男性ドクターをつくり出し、ドローンに乗せて日本各地の病院へ配送するというものです。

あと、2020年夏には卵子凍結に関するサービスを始める予定です。自分の経歴を見ると、我ながら「全部やりすぎかよ(笑)」って思いますね。数学大会に出て、プログラマーをやって、ガチで音楽をやって、今は藝大にいて……謎キャリアなんです。

アートプロジェクト「東京減点女子医大」(2019年〜)では学長を務める。理事はアーティストの西澤知美さん

アートプロジェクト「東京減点女子医大」(2019年〜)では学長を務める。理事はアーティストの西澤知美さん

―研究室の活動として何をしていますか。

先述のように、テクノロジーにまつわるデザインを考える上で、差別の問題があります。過去のデータを学習して、「〇〇だから□□」と判別するAIは、いわば効率よく差別するためのもので、どうしてもそこには倫理的危険性が生じてしまう。例えば、Amazonがつくった人材採用プログラムは過去の採用者に男性が多かっためにAIによる女性差別がされたり、アメリカで使われている再犯予測プログラムはアルゴリズムがブラックボックス化したAIによって白人より黒人のほうがリスクを高く判定するという人種差別がされたり、といったことが実際に起きています。

でもこの問題はほとんど議論されていません。今、AIには大きなビジネスチャンスがあり、わざわざ女性や黒人のために解決したところでほとんどの場合はお金にならない。だからその問題に注目も人も集まらない。ただ、私は女性で、しかも日本で「外人」として生きてきて、こういったマイノリティ的な被害を被ってきた当事者。その私が大学の教員になって、せっかくテクノロジーのことを知っているので、私がこの問題をしっかり掲げて学生たちと考えていくことは非常に重要なことだと思っています。

というわけでこの研究室ではそういった見過ごされがちな側面に注目し、女性や外国人、マイノリティとされる人々の視点を大事にして、そういう人々が使いやすいもの、生きやすい社会をデザインしていきます。そのためには、現状をリサーチして、考えて、どうしたらそれをデザインを通して是正できるかを話し合う。アウトプットはアルゴリズムかもしれないし、プログラムかもしれないし、インターフェイスかもしれないし、もしかしたらカメラ認識で差別されないような帽子やサングラスなどかもしれません。そこを包括的にできればと考えています。

―学生にどんなことを望みますか?

美しく機能的な形あるものをつくるのも良いスキルだと思いますが、この研究室では、今をしっかりリサーチして観察して問題を理解し、自分なりの意識をもって仮説や考えをつくり、議論、提案できる人を求めています。デザインをやってきた人に限らず、例えば社会学をやってきた人、理系でコンピューターサイエンスや医学をやってきた人なども歓迎です。英語ができてプログラミングが分かるとなおうれしいですが、あまりハードルを上げるのもよくないですね(笑)。

今の学生世代はすごく賢いというか、すごく情報と接してますよね。自分の目で見て自分で考えたことにもう少し自信をもっていいのではないかと思います。特に日本の義務教育には、大人はわかっているから大人に学ぼう、という儒教的な教えがありますが、大学院生ともなればもう大人。一人の人間として今の社会を見つめて考えて提案する能力は十分身についてると思っています。むしろ若い子たちの方がずっと現代をネイティブで分かっているし、その新しい感覚や生き方に未来のヒントがあると思います。だから自分の遊びをしっかり見つめてほしい。私たち教員はそれをどうやって舵取りすると作品になるか、キャリアに繋げられるかという知見はあるので、ちょっとお手伝いする程度。コンテンツについては学生たちのことを信じてます。

―幸せとは?

この社会は経済的成長率を測るGDPのような分かりやすい指標に頼りすぎるところがあって、それを上げるためにどうやって効率的、合理的に仕事を推進させるかということを重視しがちですよね。でもひたすら成長したつもりでも、差別や地球温暖化のようなひずみが生まれるわけで、私は「成長=幸せ」とは思っていません。それよりも思いやりや共感が重要で、どれだけテクノロジーが発達してもそれがなければ恐怖のツールになってしまうかもしれない。デザイナーが言われたものをただつくるだけでは、無意識のうちにあってほしくない未来に加担してしまうかもしれない。デザイナーがそこをしっかり考えることが未来の世代の幸せのために大事だと思います。

あと、藝大生たちは物事を楽しむスキル、遊びの能力が高いですよね。非効率的、非合理的なことに時間をかけて何かを見出そうとしたり考えたりすることは、一番人間らしくて、幸せなことだと思います。外の物差しに頼らず、自分が興味があるから、やりたいから、やる。何でこれをつくったの、と思うような作品を見せられた時も、こういう考えもあるんだね、と人間の発想の無限さを感じさせてくれるようなサプライズがあります。効率性の世界ってなかなかサプライズが起こらないんですよ、みんな同じ原理、物差しで動いているから。理系のものの見方とはそこが違う。藝大に来るとちょっと癒されます。

人はただ生きていればそのまま楽しんでいいはずの存在なのに、なぜか優秀であること、社会の役に立つことを求められ続けている気がします。AIは効率よく仕事をすることはできても、無駄なことをして遊んで幸せになることはできない。なぜなら意識がないから。人間がAIに絶対に奪われない仕事は「幸せになること」だと思います。

人工知能を搭載した探査ドローンが四つ葉のクローバーを見つける様子を描いた《幸せの四つ葉のクローバーを探すドローン》(2018年)

人工知能を搭載した探査ドローンが四つ葉のクローバーを見つける様子を描いた《幸せの四つ葉のクローバーを探すドローン》(2018年)。東京大学生産技術研究所70周年記念展示「もしかする未来 工学×デザイン」にて本名で発表

(取材・構成:小林沙友里)